時間を節約する

このフォームに記入して、以下のガイドをカスタマイズしてください。

プライバシーポリシー利用規約を読む

興味がない?読み続けるにはここをクリック

よくある質問

目次

メール転送を開始して設定する方法

Estimated Setup Time: Less than 10 minutes
Enhanced Privacy Protection: If you would like to hide your information from being publicly searchable over the Internet, then please go to My Account Domains and upgrade your domain to a paid plan before starting this guide. Publicly searchable information on free plans includes, but is not limited to: aliases, forwarded addresses, recipients, and advanced settings such as custom port forwarding. If you would like to learn more about paid plans see our Pricing page – otherwise keep reading! All plans abide by our Privacy policy of strictly not storing logs, metadata, nor emails. We don't track you like other services do.
Getting Started: Carefully read and follow steps one through eight listed below. Be sure to replace the email address of user@gmail.com with the email address you want to forward emails to (if it isn't already accurate). Similarly be sure to replace example.com with your custom domain name (if it isn't already accurate).
  1. If you have already registered your domain name somewhere, then you must completely skip this step and go to step two! Otherwise you can click here to register your domain name.
  2. Do you remember where you registered your domain? Once you remember this, then follow the instructions below:
    Important: You must open a new tab and log in to your domain registrar. You can easily click on your "Registrar" below to automatically do this. In this new tab, you must navigate to the DNS management page at your registrar – and we have provided the step by step navigation steps below under the "Steps to Configure DNS" column. Once you've navigated to this page in the new tab, you can return to this tab and proceed to step three below. Do not close the opened tab yet; you will need it for future steps!
    Registrar Steps to Configure DNS
    1&1 Sign in Domain Center (Select your domain) Edit DNS Settings
    Amazon Route 53 Sign in Hosted Zones (Select your domain)
    Aplus.net Sign in My Servers Domain Management DNS Manager
    Bluehost FOR ROCK: Sign in Domains (Click the ▼ icon next to manage) DNS
    FOR LEGACY: Sign in Domains Zone editor (Select your domain)
    Cloudflare Sign in DNS
    DNS Made Easy Sign in DNS (Select your domain)
    DNSimple Sign in (Select your domain) DNS Manage
    Digital Ocean Sign in Networking Domains (Select your domain) More Manage Domain
    Domain.com Sign in In card view, click manage on your domain In list view, click the gear icon DNS & Nameservers DNS Records
    Domains.com
    Watch
    Sign in (Select your domain) Manage (click gear icon) Click on DNS & Nameservers in left-hand menu
    DreamHost Sign in Panel Domains Manage Domains DNS
    Dyn Sign in Overview Manage Simple Editor Records
    Gandi Sign in (Select your domain) Management Edit the zone
    GoDaddy
    Watch
    Sign in Manage My Domains (Select your domain) Manage DNS
    Google Domains
    Watch
    Sign in (Select your domain) Configure DNS
    Namecheap
    Watch
    Sign in Domain List (Select your domain) Manage Advanced DNS
    Netlify Sign in (Select your domain) Setup Netlify DNS
    Network Solutions Sign in Account Manager My Domain Names (Select your domain) Manage Change Where Domain Points Advanced DNS
    Shopify
    Watch
    Sign in Managed Domains (Select your domain) DNS Settings
    Squarespace Sign in Home menu Settings Domains (Select your domain) Advanced settings Custom Records
    Vercel's Now Using now CLI now dns add [domain] '@' MX [record-value] [priority]
    Weebly Sign in Domains page (Select your domain) DNS
    Wix Sign in Domains page (Click ... icon) Select Manage DNS Records
    eNom Sign in Domains My Domains
    Other
    Important: Don't see your registrar name listed here? Simply search on the Internet for "how to change DNS records on $REGISTRAR" (replacing $REGISTRAR with the name of your registrar – e.g. "how to change DNS records on GoDaddy" if you're using GoDaddy).
  3. Using your registrar's DNS management page (the other tab you have opened), set the following "MX" records:
    Important: Note that there should be NO other MX records set. Both records shown below MUST exist. Be sure there are no typos; and you have both mx1 and mx2 spelled correctly. If there were already MX records that existed, please delete them completely. The "TTL" value does not need to be 3600, it could be a lower or higher value if necessary.
    Name/Host/Alias TTL Record Type Priority Value/Answer/Destination
    "@", ".", or blank 3600 MX 10 mx1.forwardemail.net
    "@", ".", or blank 3600 MX 10 mx2.forwardemail.net
  4. Using your registrar's DNS management page (the other tab you have opened), set the following "TXT" record(s):
    Important: If you are on a paid plan, then you must completely skip this step and go to step five! If you are not on a paid plan, then your forwarded addresses will be publicly searchable – go to My Account Domains and upgrade your domain to a paid plan if desired. If you would like to learn more about paid plans see our Pricing page. Otherwise you can continue to choose one or more combinations from Option A to Option F listed below.

    Option A: If you are forwarding all emails from your domain, (e.g. "all@example.com", "hello@example.com", etc) to a specific address "user@gmail.com":
    Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
    "@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=user@gmail.com
    Tip: Make sure to replace the values above in the "Value/Answer/Destination" column with your own email address. The "TTL" value does not need to be 3600, it could be a lower or higher value if necessary. A lower time to live ("TTL") value will ensure any future changes made to your DNS records are propagated throughout the Internet quicker – think of this as how long it will be cached in-memory (in seconds). You can learn more about TTL on Wikipedia.

    Option B: If you just need to forward a single email address (e.g. "hello@example.com" to "user@gmail.com"; this will also forward "hello+test@example.com" to "user+test@gmail.com" automatically):
    Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
    "@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=hello:user@gmail.com

    Option C: If you are forwarding multiple emails, then you'll want to separate them with a comma:
    Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
    "@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=hello:user@gmail.com,support:user@gmail.com

    Option D: You can have an infinite amount of forwarding emails setup – just make sure to not wrap over 255 characters in a single-line and start each line with "forward-email=". An example is provided below:
    Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
    "@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=hello:user@gmail.com,support:user@gmail.com
    "@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=help:user@gmail.com,foo:user@gmail.com
    "@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=orders:user@gmail.com,baz:user@gmail.com
    "@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=info:user@gmail.com,beep:user@gmail.com
    "@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=errors:user@gmail.com,boop:user@gmail.com

    Option E: You can also specify a domain name in your TXT record to have global alias forwarding (e.g. "user@example.com" will get forwarded to "user@example.net"):
    Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
    "@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=example.net

    Option F: You can even use webhooks as a global or individual alias to forward emails to. See the example and full section on webhooks titled Do you support webhooks below.
    Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
    "@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=alias:https://requestbin.com/r/en8pfhdgcculn

    Option G: You can even use regular expressions ("regex") for matching aliases and for handling substitutions to forward emails to. See the example and full section on regex titled Do you support regular expressions or regex below.
    Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
    "@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=alias:https://requestbin.com/r/en8pfhdgcculn

  5. Using your registrar's DNS management page (the other tab you have opened), additionally set the following "TXT" record:
    Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
    "@", ".", or blank 3600 TXT v=spf1 a mx include:spf.forwardemail.net -all
    Important: If you are using Gmail (e.g. Send Mail As) or G Suite, then you'll need to append include:_spf.google.com to the value above, for example:

    v=spf1 a mx include:spf.forwardemail.net include:_spf.google.com -all
    Tip: If you already have a similar line with "v=spf1", then you'll need to append include:spf.forwardemail.net right before any existing "include:host.com" records and before the "-all" in the same line, for example:

    v=spf1 a mx include:spf.forwardemail.net include:host.com -all

    Note that there is a difference between "-all" and "~all". The "-" indicates that the SPF check should FAIL if it does not match, and "~" indicates that the SPF check should SOFTFAIL. We recommend to use the "-all" approach to prevent domain forgery.

    You may also need to include the SPF record for whichever host you are sending mail from (e.g. Outlook).
  6. Verify your DNS records using our "Verify Records" tool available at My Account Domains Setup.
  7. Send a test email to confirm it works. Note that it might take some time for your DNS records to propagate.
    Tip: If you are not receiving test emails, or receive a test email that says "Be careful with this message", then see the answers for Why am I not receiving my test emails and Why are my test emails sent to myself in Gmail showing as "suspicious" respectively.
  8. If you wish to "Send Mail As" from Gmail, then you will need to watch this video, or follow the steps under How to Send Mail As Using Gmail below.
Congratulations! You've successfully completed all steps.
Now you can start dancing, sing a song, and start forwarding emails! If you have enjoyed these instructions, then please consider upgrading to a paid plan or sending us a donation. Additional tips and optional add-ons are described below:
Tip: Optional add-ons are listed below. Note that these add-ons are completely optional and may not be necessary. We wanted to at least provide you with additional information if necessary.
Optional Add-on: If you're the How to Send Mail As using Gmail feature, then you may want to whitelist yourself. To do this, simply follow these instructions by Gmail on this topic.

Gmailを使用してメールを送信する方法

Estimated Setup Time: Less than 10 minutes
Getting Started: After you've followed the steps above in How do I get started and set up email forwarding you can follow the video above or the steps below – in order to "Send Mail As" using your custom domain.
  1. あなたが持っている必要がありますGmailの2要素認証 これが機能するように有効にしました。訪問https://www.google.com/landing/2step/ 有効にしていない場合。

  2. 2要素認証が有効になったら(または既に有効になっている場合)、次にアクセスしますhttps://myaccount.google.com/apppasswords

  3. 「アプリパスワードを生成するアプリとデバイスを選択してください」というプロンプトが表示されたら、次のようにします。

    • 「アプリを選択」のドロップダウンから「メール」を選択します
    • 「デバイスの選択」のドロップダウンから「その他」を選択します
    • テキスト入力を求められたら、転送元のカスタムドメインのメールアドレスを入力します(例:「hello@example.com"-これは、複数のアカウントでこのサービスを使用する場合に備えて追跡するのに役立ちます)
  4. 自動生成されたクリップボードにパスワードをコピーします

    Important: If you are using G Suite, visit your admin panel Apps G Suite Settings for Gmail Advanced settings and make sure to check "Allow users to send mail through an external SMTP server...". There will be some delay for this change to be activated, so please wait a few minutes.
  5. に行くGmail 以下設定 アカウントとインポート としてメールを送信、「別のメールアドレスを追加」をクリックします

  6. 「名前」の入力を求められたら、メールを「差出人」として表示する名前を入力します(例:「Elon Musk」)

  7. 「メールアドレス」の入力を求められたら、上記で使用したカスタムドメインのメールアドレスを入力します(例:「hello@example.com")

  8. [エイリアスとして扱う]をオフにします

    Tip: If you prefer the recipient to reply directly to your Gmail address, then leave this checked. To learn more, follow these instructions by Gmail on this topic.
  9. 「次のステップ」をクリックして続行します

  10. 「SMTPサーバー」の入力を求められたら、次のように入力します。smtp.gmail.com ポートをそのままにします587

  11. 「ユーザー名」の入力を求められたら、Gmailアドレスの一部を入力します。gmail.com 一部(例:メールが「ユーザー」の場合user@gmail.com

    Important: If the "Username" portion is autofilled, then you will need to change this to the username portion of your Gmail address instead.
  12. 「パスワード」の入力を求められたら、上記の手順2で生成したパスワードをクリップボードから貼り付けます

  13. ラジオボタンを「TLSを使用した保護された接続」にチェックしたままにします

  14. 「アカウントを追加」をクリックして続行します

  15. 新しいタブを開いてGmail 確認メールが届くのを待ちます(「名前を付けて送信」しようとしているメールアドレスの所有者であることを確認する確認コードが届きます)

  16. 到着したら、前の手順で受け取ったプロンプトに確認コードをコピーして貼り付けます

  17. 完了したら、メールに戻ってリンクをクリックし、「リクエストを確認」してください。電子メールを正しく構成するには、この手順と前の手順を実行する必要があります。

Congratulations! You've successfully completed all steps.

テストメールが届かないのはなぜですか

「名前を付けてメールを送信」機能を使用してテストメールを自分宛てに送信する場合、次の理由により、テストメールは受信トレイに表示されません。この広く知られている公式Gmailの回答

引き続き問題が発生する場合は、DNS伝播の問題である可能性があります。もう少し待ってから再試行する必要があります(またはTXTレコードに低いTTL値を設定してみてください)。

まだ問題がありますか? 提出してくださいヘルプリクエスト そのため、問題の調査と迅速な解決策を見つけることができます。

Gmailで自分宛に送信されたテストメールが「疑わしい」と表示されるのはなぜですか

自分にテストを送信したとき、またはエイリアスを使用してメールを送信している人に初めて自分からのメールが表示されたときに、Gmailにこのエラーメッセージが表示された場合は、心配しないでください –これはGmailに組み込まれている安全機能であるため。

「安全そう」をクリックするだけです。たとえば、メールの送信機能を使用して(他の人に)テストメッセージを送信した場合、そのメッセージは表示されません。

ただし、このメッセージが表示された場合は、通常、メールの送信元を確認することに慣れていたためです。john@gmail.com の代わりにjohn@customdomain.com (単なる例)。 Gmailは、万が一の場合に備えて安全を確保するためにユーザーに警告します。回避策はありません。

Gmailでvia forwardemail dot netを削除できますか

これは、を使用している場合にのみ適用されますGmailを使用してメールを送信する方法 特徴。現在、これに対する回避策はなく、すべてのサービスプロバイダー(私たちだけでなく)に影響します。回避策は、カスタムSMTPサーバーを使用することです。ただし、SMTPはまだ提供していません。

これを軽減する独自のSMTPサービス(転送だけでなく、電子メール全般)をリリースする予定です。 Gmailはこれを自動的に追加し、現在の回避策はありません。私たちと同様の機能を備えた他の電子メール転送サービスでも、これと同じ問題が発生します(他の電子メール転送ソリューションは、私たちが提供するレベルのプライバシーを提供しません)。

これがリリースされたときに通知を受け取りたい場合は、電子メールで送信できますsmtp@forwardemail.net リリースされ次第、通知をお送りします。または、まだアカウントを取得していない場合は、ここでアカウントにサインアップしてください。

25以外のポートにメールを転送できますか(例:ISPがポート25をブロックしている場合)

はい、2020年5月5日現在、この機能が追加されています。現在、この機能はエイリアス固有ではなくドメイン固有です。エイリアス固有であることが必要な場合は、Googleに連絡してニーズをお知らせください。

Enhanced Privacy Protection: If you are on a paid plan (which features enhanced privacy protection), then please go to My Account Domains, click on "Setup" next to your domain, and then click on "Advanced Settings". If you would like to learn more about paid plans see our Pricing page. Otherwise you can continue to follow the instructions below.

無料プランを利用している場合は、以下に示すように新しいDNS TXTレコードを追加するだけですが、ポートを25から選択したポートに変更します。

たとえば、すべてのメールをexample.com エイリアス受信者のSMTPポートを25ではなく1337に転送するには:

Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email-port=1337
Tip: The most common scenario for custom port forwarding setup is when you want to forward all emails that go to example.com to a different port at example.com, other than the SMTP standard of port 25. To set this up, simply add the following TXT catch-all record.
Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=example.com

有料プランの返金保証はありますか

はい!サービスにご満足いただけない場合、すべての有料プランで30日間の返金保証を提供します。

質問はせず、5〜7営業日以内に払い戻しを処理します。

払い戻しをリクエストするには、アカウントで確認されたメールアドレスから次のアドレスにメールを送信してください。払い戻し@転送email.net

プランを切り替えた場合、差額を按分して返金しますか

はい、手動で払い戻しを処理し、完了したらメールでお知らせします。プランを切り替えると、払い戻し金額に関する通知が届きます。

Webhookをサポートしていますか

はい、2020年5月15日以降、この機能が追加されました。任意の受信者と同じようにWebhookを追加するだけです! WebhookのURLの前に「http」または「https」プロトコルが付いていることを確認してください。

Enhanced Privacy Protection: If you are on a paid plan (which features enhanced privacy protection), then please go to My Account Domains and click on "Aliases" next to your domain to configure your webhooks. If you would like to learn more about paid plans see our Pricing page. Otherwise you can continue to follow the instructions below.

無料プランの場合は、次のように新しいDNS TXTレコードを追加するだけです。

たとえば、すべてのメールをalias@example.com 新しいに転送するリクエストビン テストのエンドポイント:

Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=alias:https://requestbin.com/r/en8pfhdgcculn

または多分あなたは行くすべての電子メールが欲しいexample.com このエンドポイントに転送するには:

Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=https://requestbin.com/r/en8pfhdgcculn
Tip: Curious what the webhook request looks like from forwarded emails? We've included an example below for you!
{
  "attachments": [],
  "headers": {},
  "headerLines": [
    {
      "key": "dkim-signature",
      "line": "DKIM-Signature: v=1; a=rsa-sha256; c=relaxed/relaxed; d=forwardemail.net;\r\n q=dns/txt; s=default; bh=fdkeB/A0FkbVP2k4J4pNPoeWH6vqBm9+b0C3OY87Cw8=;\r\n h=from:subject:date:message-id:to:mime-version:content-type:content-transfer-encoding;\r\n b=KJZp0q0u/cQhcjwilKMainmlystwHgCZ7/ncK1uBmmdGoaXlQcMHsfenLyn/uribhMVrdfWw6\r\n YhQ5AIOAGoft/fwpGhl3zP1b5qrPwYu0kLMPr2MSwkLo0YVdbHB6xF+VGeg2vaduJk6CipXjMW7\r\n Mlohmvjw0m1tnN6dAYGOkwQ="
    },
    {
      "key": "message-id",
      "line": "Message-ID: <123.abc@test>"
    },
    {
      "key": "date",
      "line": "Date: Thu, 9 Nov 2000 10:44:00 -0800 (PST)"
    },
    {
      "key": "to",
      "line": "To: webhook@example.com"
    },
    {
      "key": "from",
      "line": "From: Test <test@user.com>"
    },
    {
      "key": "subject",
      "line": "Subject: testing webhooks"
    },
    {
      "key": "mime-version",
      "line": "Mime-Version: 1.0"
    },
    {
      "key": "content-type",
      "line": "Content-Type: text/plain; charset=us-ascii"
    },
    {
      "key": "content-transfer-encoding",
      "line": "Content-Transfer-Encoding: 7bit"
    }
  ],
  "text": "Test\n",
  "textAsHtml": "<p>Test</p>",
  "subject": "testing webhooks",
  "date": "2000-11-09T18:44:00.000Z",
  "to": {
    "value": [
      {
        "address": "webhook@example.com",
        "name": ""
      }
    ],
    "html": "<span class=\"mp_address_group\"><a href=\"mailto:webhook@example.com\" class=\"mp_address_email\">webhook@example.com</a></span>",
    "text": "webhook@example.com"
  },
  "from": {
    "value": [
      {
        "address": "test@example.com",
        "name": "Test"
      }
    ],
    "html": "<span class=\"mp_address_group\"><span class=\"mp_address_name\">Test</span> &lt;<a href=\"mailto:test@example.com\" class=\"mp_address_email\">test@example.com</a>&gt;</span>",
    "text": "Test <test@examplecom>"
  },
  "messageId": "<123.abc@test>",
  "html": false,
  "raw": "DKIM-Signature: v=1; a=rsa-sha256; c=relaxed/relaxed; d=forwardemail.net;\r\n q=dns/txt; s=default; bh=fdkeB/A0FkbVP2k4J4pNPoeWH6vqBm9+b0C3OY87Cw8=;\r\n h=from:subject:date:message-id:to:mime-version:content-type:content-transfer-encoding;\r\n b=KJZp0q0u/cQhcjwilKMainmlystwHgCZ7/ncK1uBmmdGoaXlQcMHsfenLyn/uribhMVrdfWw6\r\n YhQ5AIOAGoft/fwpGhl3zP1b5qrPwYu0kLMPr2MSwkLo0YVdbHB6xF+VGeg2vaduJk6CipXjMW7\r\n Mlohmvjw0m1tnN6dAYGOkwQ=\r\nMessage-ID: <123.abc@test>\r\nDate: Thu, 9 Nov 2000 10:44:00 -0800 (PST)\r\nTo: webhook@example.com\r\nFrom: Test <test@example.com>\r\nSubject: testing webhooks\r\nMime-Version: 1.0\r\nContent-Type: text/plain; charset=us-ascii\r\nContent-Transfer-Encoding: 7bit\r\n\r\nTest\r\n"
}

使用することに注意してくださいメールパーサー ライブラリの「simpleParser」メソッドを使用して、メッセージをJSONフレンドリーオブジェクトに解析し、「raw」プロパティに文字列としての未加工のメールメッセージを追加します。

Webhook HTTPリクエストは最大10回(通常のSMTPで許可されているのとまったく同じ再試行回数)再試行し、エンドポイントPOSTリクエストごとに最大20秒のタイムアウトが発生します。で使用されているデフォルトのステータスとエラーコードに基づいて、自動的に再試行しますスーパーエージェントの再試行方法 (このパッケージは、転送電子メールの作成者によっても維持されます)。

Do you support regular expressions or regex

Yes, as of September 27, 2021 we have added this feature. You can simply write regular expressions ("regex") for matching aliases and performing substitions.

Regular expression supported aliases are ones that start with a / and end with / and their recipients are email addresses or webhooks. The recipients can also include regex substitution support (e.g. $1$2)。

We support two regular expression flags including i そしてg. The case-insensitive flag of i is a permanent default and it is always enforced. The global flag of g can be added by you by affixing the ending / with /g

Note that we also support our disabled alias feature for the recipient portion with our regex support.

Enhanced Privacy Protection: If you are on a paid plan (which features enhanced privacy protection), then please go to My Account Domains and click on "Aliases" next to your domain to configure regular expressions. If you would like to learn more about paid plans see our Pricing page. Otherwise you can continue to follow the instructions below.

無料プランの場合は、次のように新しいDNS TXTレコードを追加するだけです。

Simple Example: If I want all emails that go to elon@example.com またはmusk@example.com to forward to user@gmail.com

Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=/^(elon|musk)$/:user@gmail.com

Firstname Lastname Substitution Example: Imagine all of your company email addresses are of the firstname.lastname@example.com pattern. If I want all emails that go to the pattern of firstname.lastname@example.com to forward to firstname.lastname@company.com with substitution support (view test on RegExr):

Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=/^([A-Za-z]+)+\.([A-Za-z]+)+$/:$1.$2@company.com

Plus Symbol Filtering Substitution Example: If I want all emails that go to info@example.com またはsupport@example.com to forward to user+info@gmail.com またはuser+support@gmail.com respectively (with substitution support) (view test on RegExr):

Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=/^(support|info)$/:user+$1@gmail.com

Webhook Querystring Substitution Example: Perhaps you want all emails that go to example.com to go to a webhook and have a dynamic querystring key of "to" with a value of the username portion of the email address (view test on RegExr)::

Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=/^(.*?)$/:https://example.com/webhook?username=$1
Tip: Curious how to write a regular expression or need to test your replacement? You can go to the free regular expression testing website RegExr at https://regexr.com.

このメール転送サービスを「フォールバック」または「フォールオーバー」MXサーバーとして使用できますか

はい、しかしこれはない これは非常にまれなエッジケースであるため推奨されます。

メールにGoogleビジネスを使用していて、メールが引き続き配信されるようにフォールバックとしてサーバーを使用する場合は、メールサーバーよりも優先度の低いGoogleメールサーバーを指定します。以下に例を示します。

Name/Host/Alias TTL Record Type Priority Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 MX 1 ASPMX.L.GOOGLE.COM
"@", ".", or blank 3600 MX 5 ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM
"@", ".", or blank 3600 MX 5 ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM
"@", ".", or blank 3600 MX 10 ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM
"@", ".", or blank 3600 MX 10 ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM
"@", ".", or blank 3600 MX 20 mx1.forwardemail.net
"@", ".", or blank 3600 MX 30 mx2.forwardemail.net

特定のエイリアスを無効にできますか

はい! 2020年2月6日現在、この機能が追加されています。 DNS TXTレコードを編集して、エイリアスの前に感嘆符を付けるだけです。 「:」マッピングを保持する必要があることに注意してください。これは、これをオフに切り替えることを決定した場合に必要になるためです(これは、有料プランでのインポートにも使用されます)。

エイリアスの前に「!」を付けると(感嘆符)その後も、このアドレスに送信を試みた送信者には正常な応答コードが返されますが、電子メール自体はどこにも送信されません。ブラックホールに。

無効なアドレスに送信されたメールは、250 (キューに入れられたメッセージ)ステータスコード。ただし、電子メールは実際には受信者に配信されません。

たとえば、すべてのメールをalias@example.com に流れるのをやめるuser@gmail.com

Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=!alias:user@gmail.com
Tip: You can also rewrite the forwarded recipient's address to simply "nobody@forwardemail.net", which will route it to nobody as in the example below.
Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=!alias:nobody@forwardemail.net
Tip: If you want increased security, then you can also remove the ":user@gmail.com" (or ":nobody@forwardemail.net") part, leaving just "!alias" as in the example below.
Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=!alias

複数の受信者にメールを転送できますか

そのとおり。 TXTレコードで複数の受信者を指定するだけです。

たとえば、次のようなメールが必要な場合hello@example.com 転送するuser+a@gmail.com そしてuser+b@gmail.com、私のTXTレコードは次のようになります。

Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=hello:user+a@gmail.com,hello:user+b@gmail.com

または、次のように2つの別々の行で指定することもできます。

Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=hello:user+a@gmail.com
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=hello:user+b@gmail.com

それはあなた次第です!

複数のグローバルキャッチオール受信者を指定できますか

はい、できます。 TXTレコードで複数のグローバルキャッチオール受信者を指定するだけです。

たとえば、私が行くすべてのメールが欲しいなら*@example.com (アスタリスクはワイルドカードまたはキャッチオールを意味します)に転送されますuser+a@gmail.com そしてuser+b@gmail.com、私のTXTレコードは次のようになります。

Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=user+a@gmail.com,user+b@gmail.com

または、次のように2つの別々の行で指定することもできます。

Name/Host/Alias TTL Record Type Value/Answer/Destination
"@", ".", or blank 3600 TXT forward-email=user+a@gmail.com
@, ".", or blank 3600 TXT forward-email=user+b@gmail.com

それはあなた次第です!

エイリアスごとに転送できるメールアドレスの数に上限はありますか

はい、デフォルトの制限は10です。これは、ドメイン名に10個のエイリアスしか持てないという意味ではありません。エイリアスはいくつでも(無制限に)持つことができます。つまり、10個の一意のメールアドレスに転送できるエイリアスは1つだけです。あなたが持つことができますhello:user+1@gmail.comhello:user+2@gmail.comhello:user+3@gmail.com、…(1-10から)–へのメールhello@example.com に転送されますuser+1@gmail.comuser+2@gmail.comuser+3@gmail.com、…(1〜10)。

Tip: Need more than 10 recipients per alias? Send us an email and we would be happy to increase your accounts limit.

メールを再帰的に転送できますか

はい、できますが、それでも上限を守る必要があります。あなたが持っている場合hello:elon@example.com そしてelon:user@gmail.com、次にメールhello@example.com に転送されますelon@example.com そしてuser@gmail.com。メールを再帰的に転送しようとすると、エラーがスローされることに注意してください。

許可なく私のメール転送を登録解除または登録できますか

MXおよびTXTレコードの検証を使用するため、このサービスのそれぞれのMXおよびTXTレコードを追加すると、登録されます。それらを削除すると、登録が解除されます。あなたはあなたのドメインとDNS管理の所有権を持っているので、誰かがそれにアクセスできるならそれは問題です。

無料ですか

おかげでサービスは引き続き実行されます寄付 有料プランにアップグレードしたユーザー。私たちはクローズドソースの転送サービスを使用している(そしてその後プライバシーとセキュリティを危険にさらしている)人々に(私たちは気分が悪いので)無料の代替手段を提供したいと考えています。

メールの最大サイズ制限とは

デフォルトでは、コンテンツ、ヘッダー、添付ファイルを含む50 MBのサイズ制限があります。 GmailやOutlookなどのサービスでは25 MBのサイズ制限のみが許可されていることに注意してください。これらのプロバイダーのアドレスに送信するときに制限を超えると、エラーメッセージが表示されます。

ファイルサイズの制限を超えると、適切な応答コードのエラーが返されます。

メールとその内容を保存していますか

いいえ、絶対にありません。私たちを参照してください個人情報保護方針

メールのログを保存しますか

いいえ、絶対にありません。私たちを参照してください個人情報保護方針

私のメールを読んでくれますか

いいえ、絶対にありません。ログは保存しません。私たちを参照してください個人情報保護方針

他の多くの電子メール転送サービスは、非倫理的にあなたの電子メールを読みます。これは、ソフトウェアに関する私たちの原則や哲学と一致していません。

私たちはあなたがプライバシーの権利を持っているべきだと信じており、私たちはそれを厳しく尊重します。

サーバーにデプロイされるコードはGitHubのオープンソースソフトウェア 透明性と信頼を築くために。

Gmailエイリアスのプラス+記号をサポートしていますか

そのとおり。

サブドメインをサポートしていますか

そのとおり。名前/ホスト/エイリアスとして「@」、「。」、または空白を使用する代わりに、値としてサブドメイン名を使用するだけです。

お望みならばfoo.example.com メールを転送するには、次のように入力しますfoo DNS設定の名前/ホスト/エイリアス値として(MXレコードとTXTレコードの両方)。

これは私のメールのヘッダーを転送しますか

そのとおり。

これは十分にテストされていますか

はい、それはで書かれたテストを持っていますエイバ また、コードカバレッジもあります。

SMTP応答メッセージとコードを渡しますか

そのとおり。たとえば、メールを送信する場合hello@example.com 転送先として登録されていますuser@gmail.com、「mx..forwardemail.net」または「mx2.forwardemail.net」にあるプロキシサーバーの代わりに、「gmail.com」SMTPサーバーからのSMTP応答メッセージとコードが返されます。

スパマーを防ぎ、メール転送の評判を確実にするにはどうすればよいですか

Googleからのドキュメントと提案に従ってhttps://support.google.com/a/answer/175365?hl=en、および以下を含むベストプラクティス:

  1. DNSブラックリスト: Spamhausに対して送信者のIPをテストしますDNSブラックリスト、いずれかが失敗した場合、送信者はメッセージの送信を許可されず、詳細なエラーメッセージが返され、それらがリストされている特定のブラックリストからリストから外す方法が示されます。

  2. スパム対策およびフィッシング対策スキャナー:ゼロから構築して使用スパムスキャナー アンチスパム防止用(フードの下で単純ベイズ分類器を使用)。私たちはこれに満足していなかったので、これを作りましたrspamd またSpamAssassin、プライバシーに焦点を当てたポリシーと公開コーパスデータセットの欠如にも満足していませんでした。スパムスキャナーは、プライバシーを完全に尊重しながら、スパム、フィッシング、実行可能ファイル、ウイルスなどのメッセージをチェックします。

  3. SPFおよびDKIM: 送信者のSPFレコードが存在するかどうかを確認し、存在する場合は、SMTP接続のリモートアドレスを逆検索してSPFレコードと一致することを確認します。それ以外の場合は拒否されます。 SPFレコードが存在しない場合は、DKIM検証が必要です。 DKIMヘッダーが渡されて失敗した場合も、拒否されます。 DKIMヘッダーが渡されない場合、DKIM検証に合格したと見なされます。

  4. MXレコードテスト: 送信者の送信元アドレスドメインにMXレコードがあるかどうかを確認することで(実際にはメール交換/ SMTPサーバーから送信されている)、それ以外の場合は拒否されます。

  5. 完全修飾ドメイン名テスト: 送信者のSMTP接続が完全修飾ドメイン名( "FQDN")からのものであることを検証します。つまり、IPアドレスがないため、有効なドメイン名を解決する必要があります。

  6. TXTレコードテスト: 送信者が送信しようとしている電子メールアドレスに、有効な電子メール転送設定を含むTXT DNSレコードがあるかどうかを確認します。転送先のすべてのMXサーバーのSSL証明書(メインドメイン名または代替名)は、MXエントリと一致する必要があります。

  7. アーク: 私たちは認証-結果 ヘッダーを作成し、送信ドメインのDMARCポリシーに対して検証します。

スパムメールを受信した場合はどうすればよいですか?

(可能であれば)電子メールリストから退会し、送信者をブロックする必要があります。

メッセージをスパムとして報告するのではなく、手動でキュレーションされ、プライバシーに重点を置いた不正使用防止システムに転送してください。

スパムを転送する電子メールアドレスは次のとおりです。 虐待@ forwardemail.net

これでGmailで「名前を付けてメールを送信」できますか

はい! 2018年10月2日より、この機能が追加されました。見るGmailを使用してメールを送信する方法 上!

また、DNS構成のTXTレコードでGmailのSPFレコードを設定する必要があります。

Important: If you are using Gmail (e.g. Send Mail As) or G Suite, then you'll need to append include:_spf.google.com to your SPF TXT record, for example:

v=spf1 a mx include:spf.forwardemail.net include:_spf.google.com -all

これでOutlookで「名前を付けてメールを送信」できますか

はい! 2018年10月2日より、この機能が追加されました。以下のマイクロソフトからの2つのリンクをご覧ください。

また、DNS構成のTXTレコードでOutlookのSPFレコードを設定する必要があります。

Important: If you are using Microsoft Outlook or Live.com, you'll need to append include:spf.protection.outlook.com to your SPF TXT record, for example:

v=spf1 a mx include:spf.forwardemail.net include:spf.protection.outlook.com -all

これでApple MailとiCloud Mailで「名前を付けてメールを送信」できますか

残念ながら、どのサービスを使用しているかに関係なく、Appleはこれを許可しません。ただし、ドメインのメールアカウントとともにメールアプリを使用できます。

これで無制限のメールを転送できますか

実際にはそうです-現在の唯一の制限は送信者が一意のメールアドレス システムを介した1時間あたりの電子メールの送信(300)に制限されています。

この制限を超えると、送信者のメールサーバーに後で再試行するよう指示する「451」応答コードが送信されます。

メールアドレスにプロフィール写真を追加するには

Gmailを使用している場合は、次の手順に従ってください。

  1. に行くhttps://google.com すべてのメールアカウントからログアウトします
  2. 「サインイン」をクリックし、ドロップダウンで「その他のアカウント」をクリックします
  3. 「別のアカウントを使用」を選択します
  4. 「アカウントを作成」を選択します
  5. 「代わりに現在のメールアドレスを使用する」を選択します
  6. カスタムドメイン名のメールアドレスを入力してください
  7. メールアドレスに送信された確認メールを取得する
  8. このメールの確認コードを入力してください
  9. 新しいGoogleアカウントの完全なプロフィール情報
  10. すべてのプライバシーおよび利用規約のポリシーに同意する
  11. に行くhttps://google.com 右上隅にあるプロフィールアイコンをクリックし、[変更]ボタンをクリックします
  12. アカウントの新しい写真またはアバターをアップロードします
  13. 変更が反映されるまでに約1〜2時間かかりますが、非常に速い場合もあります。
  14. テストメールを送信すると、プロフィール写真が表示されます。

無料保護と拡張保護の違いは何ですか

無料プランでは、パブリックDNSレコードを使用して転送構成を保存する必要があります。無料プランを利用している場合は、コンピューターを持っている人なら誰でも、ターミナルで転送構成を検索できます。無料プランとは異なり、拡張保護プランでは、暗号で生成されたランダムな文字列を使用して、転送構成を非公開で保存します。

無料プラン 強化された保護計画
forward-email=user@gmail.com forward-email-site-verification=m8d7o8K4Il

メールのベストプラクティスをサポートしていますか

はい。すべてのプランでSPF、DKIM、DMARC、ARC、SRSのサポートが組み込まれています。また、これらの仕様の元の作成者や他の電子メールの専門家と幅広く協力して、完璧さと高い配信可能性を確保しています。

1つの価格で無制限のドメインを提供していますか

はい。どのプランを使用しているかに関係なく、月額料金は1つだけです。これは、すべてのドメインをカバーします。

どの支払い方法を受け入れますか

を使用してクレジットカードを受け入れます との支払いPayPal –1回限りの支払いおよび月次または年次サブスクリプションの場合。

ビットコインまたはその他の手段で支払いを行う必要がある場合は、次のアドレスまでメールでお問い合わせください。support@forwardemail.net

価格を上げることはありますか

いいえ。価格が上がることはありません。他社とは異なり、サービスを停止することもありません。

ドメイン名でDNSルックアップを実行する方法

CloudFlareのプライバシーファーストコンシューマーDNSサービスを使用します(ここでの発表)。設定1.1.1.3 そして1.0.0.3 DNSサーバーとしてhttps://developers.cloudflare.com/1.1.1.1/1.1.1.1-for-families/)使用/etc/resolv.conf サーバーとテスト環境で。

このサービスはどれくらい速いですか

最新バージョンのv2(2019年5月6日にリリース)は、v1からの大幅な書き換えであり、ストリームによるパフォーマンスに重点を置いています。Nodemailerの 多作の作家Andris Reinman(@ andris9)を使用して、mailparser ライブラリと使用mailsplit 代わりに、本文に影響を与えずにメッセージのヘッダーと本文を分割するカスタム変換ロジックをいくつか使用します。これにより、ヘッダーの操作(セキュリティチェックやSPF / DKIM / DMARC準拠など)を非常に高速に実行できます。

言い換えると、このサービスの最新バージョンは純粋に現在ストリームを使用しており、高速です。 古いバージョンのv1にもいくつかのロジックがありましたが、操作の最適な順序ではありませんでしたが、v2では最初にメモリ/ネットワーク負荷の高い操作が最初に実行されます(できるだけ早く応答してSMTPクライアントに応答を送信します)。今後も速度を最適化し、機能を強化し、このサービスを改善していく予定です。

Node.jsのストリームと変換のおかげで、ディスクに書き込んだりメールを保存したりすることはありません。すべてがメモリ内で行われます。 :多田: